生理前はダイエットに不向き…この時期はあきらめが肝心!?

太りやすいといわれる生理前。

ということは、逆に「痩せやすい時期」もあるということ!

ホルモンバランスを把握して、
効率良く痩せるための方法を解説します!

 

生理前が太りやすい理由とは?

生理の1週間前、女性の体は「体重を増やさなければ!」と
ダイエッターにとっては厄介な働きをするもの。

それはなぜかというと、子供を産むための準備をするからです。
もし卵子が受精した場合、生理前のこの時期に十分な栄養分を蓄えられていなければ、
妊娠が難しくなってしまうから。

そのために水分やエネルギーを十分に蓄えておこうと
体が反応しているんです。

このように、エネルギーを蓄えさせようと指揮をしているのがするのが
「プロゲステロン(黄体ホルモン)」というホルモン。

 

 

プロゲステロンは生理の約1週間前〜生理前に多く分泌されます。

プロゲステロンが分泌される事でむくんだり、
体重が増えたり、痩せようと頑張っても痩せにくくなります。

ですので、生理前に、ダイエットをしているのに
痩せないからといってさらに食事量を抑えてもあまり意味がないんです。
この時期は痩せなくても仕方ないと思っておきましょう。

 

 

なぜ生理前になると食欲が増加するの?

生理前に多く分泌されるプロゲステロンには、食欲を低下させる働きもあります。
だけど、生理前って食欲が増す方が多いですよね?

上の図のように、プロゲステロンは生理直前になると分泌量が一気に下がるんです。

そうすると、それまで抑えられていた食欲も反動で一気上がってしまい、
食べても食べても食べ足りない!という衝動が起こってしまうんです;;

だけどこの時期に意識して食物繊維を摂取したり
バランスの良い食事をし、規則正しい生活をすることは
今後のダイエットに良い影響を与えます。

 

痩せにくいこの時期、ダイエットへの注力をすこし控えて
我慢していた好きなものを食べるのもいいでしょう。

だけど、「どうせ痩せない時期だから」と
暴飲暴食をするようなことは絶対にしないようにしましょう!

 

 

じゃあ、いつダイエットに力を入れるのがいいの?

ダイエットに向く時期、それはズバリ、生理後です。
生理が終わりに近づくと溜め込まれていたていた水分も排出され、
むくみも取れていきます。

体が余分なものを外に出そうとするので、
自然と体重が減りやすくなるこの時期がダイエットの始め時!

図のように、生理後の一週間はエストロゲン(卵胞ホルモン)が多く分泌さるのですが、
エストロゲンには「ノルアドレナリン」という
脂肪代謝を促進してくれるホルモンの分泌を上昇させる働きがあります。

 

なので、エストロゲンが強く働く生理後は、
いつも以上にダイエットに力を入れるのが良いとされているんです。

 

生理後の効果的なダイエット方法は?

痩せるためには代謝を活発にすることが一番。

それには、バランスの良い食事によって血液循環をよくしたり、
老廃物を排出させやすいように酵素を摂取したり、
消化酵素が分解しづらい脂質を控えるなど
食事による制限や意識を持ちあわせておくこと。

それから、ウォーキングのような有酸素運動を行うこと。
ある程度の筋肉をつけることも代謝アップに大きな役割を果たします。

筋肉というのは、男性ホルモンがなければつきにくいのですが、
女性の中の少量の男性ホルモンが多く分泌される日というのが
生理後約1週間後の排卵日なんです。

 

それだけでなく、先述の通り排卵日はエストロゲンも多く分泌されるので、
やる気が非常に高まります!

意欲を高めて、普段は億劫になりがちな運動にも挑戦できる
絶好の機会をぜひ活用しましょう。

 

逆に、プロゲステロンが多く分泌されている生理前は
運動をしても筋肉がつきにい維持期なので
せっかく頑張っても努力が無駄にりがちなんです;;

 

かといって、食事面で述べたように
「どうせ痩せないから、たくさん食べちゃえ」という発想がNGであるように
運動面でも「生理前に運動はしないほうがいい」ということではなく、
筋肉をつけるには排卵日ごろに頑張ったほうが効率がいい、という話。

当然、健康のためにも適度な運動は毎日行うことが理想です。

 

以上のことを踏まえて、
効果的に痩せられるように、自分の生理周期をしっかり活用するようにしましょう!

 

 

【便秘解消ダイエット部門★レビュー】
腸感動!30年続いた便秘に即効いたあんたは神!
【骨盤矯正ダイエット部門★レビュー】
モデルちゃんデザインのめっちゃかわいい骨盤パンツ

コメントを残す