痩せるためのダイエットの食事方法~超簡単バージョン

ダイエット食事

 

痩せるためには、少なからず食事制限を行うことは必須です。

といっても、少しの”痩せたい”という意識があれるだけで
ダイエットのための食事制限なんて、実はそう難しいものではありません。

断食しないといけないとか、
食べる量を極端に減らさないといけないとか、
お菓子は一切食べちゃダメとか…

全然、そんなことはないんですよ。

 

今回は、毎日無理なく続けられる簡単な食事制限方法を
一日の食事の流れ沿って書いてみました。
これらを少し意識しながら、できそうなところは日々の食生活に取り入れてみてくださいね^^

 

痩せるための”ちょこっと”食事制限の方法

1.朝起きたらコップ1杯のお水を飲む
腸の活動を活発にして、お通じを促す準備をしておきます。

 

2.朝食はフルーツから食べ始める
フルーツには事前消化を促す作用もあり、先に食べておくことで
糖質の多いご飯やパンを食べるために起こる血糖値の急激な上昇を押さえます。

つまり、フルーツを食べておくことで太る要素を減らすことができるんです。
朝の体は排泄の時間帯といわれ、
排泄作業をスムーズにする効果を持つフルーツを食べることはダイエット成功の秘訣ともいえます^^

 

3.昼食はサラダから食べる
朝食にフルーツを食べた原理と似ているんですが、
生野菜にも事前消化の役割を果す酵素が含まれています。

そのため、まずは生野菜サラダを食べてから、
あとはあまり気にせず…といっても、大盛りとかおかわりは避けるべきなんですが、
好きなものを食べてOKです。

ただ、やはりダイエット中ということは忘れずに、
ランチの食べ放題やバイキングはできるだけ避けましょう。

 

4.おやつは3時に、すこしだけ。
脂肪を溜め込む働きをするタンパク質で「BMAL1(ビーマルワン)」と呼ばれるものがあります。
このBMAL1の働きが最も弱まっている時間帯が午後3時であることから
おやつを食べるなら、この時間帯がおすすめ。

ただし、何度も言いますがダイエット中ということをお忘れなく、
甘いものの食べ過ぎは厳禁です!
お菓子は少量でもカロリーの高いものが多いので
カロリー表示のあるものはしっかり確認して自分でセーブするようにしましょう。

 

5.夕飯は午後8時までに済ませる
午後8時以降に食べたものは消化が悪くなり、
脂肪として蓄積されやすくなります。

「夕飯は友人たちとの付き合いもあるし、
仕事の関係もあって8時までに終わらせるなんて無理~っ!」
という方も多いと思いますが、

”心がけ”を持つか持たないかでも
ダイエット成功率は全然違ってきますから^^

 

それから、余裕があれば行いたいのはやっぱり運動…

食事制限にちょこっとオマケ「ストレッチを併用する」

普段使わない部分の筋肉を動かすことで
脂肪燃焼効果を上げることができます。
健康のためにもストレッチは毎日続けるのが理想ですね。

 

今回ご紹介したことは どれも決して難しいことではないと思います。
「今ダイエット中だから、ちょっとやってみるか!」ぐらいの意識を持って
頭の片隅に置いておけば実践しやすいことばかりなので
かなり簡単で続けやすいダイエット方法だと思いますよ^^

この食事方法は一気に痩せるというものではないですが、
長期的に、1ヶ月1キロとかで少しずつ痩せるにはとっても効果的です。

半年も続ければ、今よりもスッキリした体型を手に入れられるはずなので
毎日の体重チェックとともに生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

こうして長期的にゆっくり痩せるほうがリバウンドの危険も回避出来ますしね!

 

【便秘解消ダイエット部門★レビュー】
腸感動!30年続いた便秘に即効いたあんたは神!
【骨盤矯正ダイエット部門★レビュー】
モデルちゃんデザインのめっちゃかわいい骨盤パンツ

1件のコメント

  • ダイエットアドバイザー ナオキ

    はじめましてナオキです。
    ブログを拝見させていただきました。
    痩せるためのダイエットの食事方法に
    ついての記事がとても参考になりました。
    早速私も実践させていただきます。
    あと、私のブログにもダイエットに
    役立つ情報を公開しておりますので
    一度見に来て下さいネ。
    それではありがとうございました。
    今後ともよろしくお願いします。

コメントを残す