ダイエット中に飲んでいいお酒の選び方

「アルコールって、太る元でしょ?」
ビールにはプリン体っていう肥満につながる成分もあるし、
日本酒はお米からできてるからカロリー高いし、
カクテルはお砂糖が入ってるし…

いえいえ、選び方次第では、ダイエット中でも好きなお酒を楽しんで大丈夫なんです!

飲んでもいいお酒、ダメなお酒

ざっくり分けると、蒸留酒はOK、醸造酒とカクテルはNG。

蒸留酒というのは
ウイスキー、バーボン、ブランデー、ウォッカ、焼酎など。

醸造酒というのは
ビール、発泡酒、日本酒、ワイン、シャンパンなど。

ただし、ワインでも赤ワインだけは飲んでもOKですし、
発泡酒も糖質ゼロのものならOKですので
ビールが飲みたい!っていうときにはカロリーオフの発泡酒を選ぶと良いでしょう。

 

カクテルって蒸留酒じゃないの?

カクテルは焼酎やウォッカなどをベースに作ったものが多いので
飲んでも大丈夫なのでは?と思うかもしれませんが、
お酒ではなく、ジュースや糖類を加えているというところが問題。

ですので、炭酸で割っただけのカクテルであればOKです。

たとえば、ウイスキーのハイボールや焼酎のソーダ割り(甘いサイダーで割ったものはダメ)
などでしたら飲んでも大丈夫です。

 

市販のサワーや酎ハイには要注意

じゃあ酎ハイはどう?というと、やはりこれも糖類が含まれているため、
ダイエット中は避けたほうが良いでしょう。

市販品や安い居酒屋の酎ハイにはほとんど糖類が加えられています。

甘い梅酒やカリン酒も食前に飲むとおいしいですが、
大量のお砂糖で漬けたお酒なので避けたほうが良いでしょう。

 

ダイエット中だからといって無理にお酒を断らなくても大丈夫!

しかし、宴会の席などで、乾杯をするときはやはりビールから!ですよね^^;

そんな時は無理に断らず、はじめは1杯だけビールをいただいちゃいましょう。
その後2杯目以降を焼酎などにきりかえていただけばOKです。

 

ダイエット中でも好きなモノは我慢しないで食べたり飲んだりしたいもの。
お酒好きの人にとって、禁酒という言葉は聞くだけでも辛いものです;;

もちろん飲み過ぎはいけませんが、
適度にお酒を嗜むことはストレス発散にも健康にも効果的!

美味しく楽しく、糖質にだけは気をつけながら
お酒をいただくようにしましょう。

 

 

 

【便秘解消ダイエット部門★レビュー】
腸感動!30年続いた便秘に即効いたあんたは神!
【骨盤矯正ダイエット部門★レビュー】
モデルちゃんデザインのめっちゃかわいい骨盤パンツ

コメントを残す