生野菜や果物をジュースにするメリットって?

食物酵素をたくさん摂ることは
美容にもダイエットにも理想だけど、
毎日サラダもフルーツもたっぷり摂るというのは
なかなか難しい…

そこで重宝するのが
”酵素を壊さない”生ジュースを自分で作るという方法。

実際に、私もコップ一杯の生ジュースを飲むようになってからは
ひどかった便秘がすこし改善したり、
吹き出物が出やすかった肌もキレイになりました。

もともと健康のためにスロージューサーを買ったんですが、
酵素がダイエットと美容に良いと知ってからは
ますます重宝しています。
ということで今回は、
食物酵素がたっぷりとれるフレッシュジュースについて
なにがどのようにいいのか?を解説していきます^^

 

 栄養素がそのまま摂取できる

野菜や果物の栄養素というのは、繊維中に入っています。

この繊維の中の栄養をいただくために、しっかり噛んで、
唾液に含まれる消化酵素の働きを活用しながら
栄養素を消化吸収していく必要があります。

しかし、繊維をしっかり噛み砕く事も難しいので、
ジュースにして栄養素を確実に吸収できる状態にするのが好ましいんですね。

フレッシュジュースにすれば
ビタミン、ミネラルや細胞の抗酸化力を高める栄養素などを
きちんと摂取できます。

しかも、ジュースにする方が生野菜や果物をそのまま食べるよりも
からだを冷やすことがないんですって!

というのも、生野菜でお腹を冷やす原因は
野菜や果物の中の繊維が消化不良を起こしてしまうからなんです。

それをジュースしてしまえば繊維は破られ、
不要な部分がジューサーによって分離されて出てくるから
ジュースにした方が逆にお腹に優しいって言う事になるんです。

 

ですので、低速回転式のジューサーが一家に一台あるのは理想的ですが、

※注1
ミキサーだと材料を高速で刻み液状に近づけているだけなので
大事な栄養素が繊維から切り離されていない状態になってしまいます

※注2
高速回転式のジューサーだと機械が熱を発し、48度以上で機能を無くす酵素が
きちんと摂取できなくなってしまいます

数万円するジューサーを買うのはちょっと…という方は
生野菜や果物を食べる際は、
決して早食いはせずに、しっかりと噛むことを心がけましょう。

 

酵素を壊さないジューサーをまだ使った事が無い方は、
こちらの低速ジューサーがオススメ。(私が使ってるジューサーです)

どのジューサーでもそうですが、洗うときは分解しないといけないので
ちょっと手間がかかりますが、
ジュースを作るのはひたすら材料を入れるだけなので、
とっても簡単ですよ^^

 

 

 

【便秘解消ダイエット部門★レビュー】
腸感動!30年続いた便秘に即効いたあんたは神!
【骨盤矯正ダイエット部門★レビュー】
モデルちゃんデザインのめっちゃかわいい骨盤パンツ

コメントを残す