食事制限なしで痩せ体質になるための4つのポイント!

食事制限、食事制限…と思ってしまいがちな
ダイエット中の食生活。

いやいや、そんなに神経質にならなくたって、
普段の簡単な心がけで
「痩せやすい体」「食べても太りにくい体質」になれるんです。

痩せる食べ方
 
ダイエット中の食事は特別じゃない?普段の食生活が痩せ体質につながる!
 
4つのポイントを心がけて
「食べても太りにくい体づくり」をしていきましょう。

 

歯を健康に保ち、よく噛んで食べる


 
ご飯やパンなどの炭水化物特に「よく噛むこと」が重要。
炭水化物はしっかり噛むことで半分に分解され、消化されやすくなります。
 
また、よく噛むと唾液として分泌される酵素の量が増えるので
胃腸での消化吸収に使われる酵素の量が少なくてすみます。
 
「酵素の無駄遣いを抑える」ということですね。
 
 
しっかり噛むことは食事の基本!
早食いは誤嚥の原因にもなりますし、
消化を助けるためには1口30回以上を目安に、
玄米などの硬いものは50回以上噛むようにしましょう。
 
歯が悪い方はきちんと治療しておくことも大事です。
ダイエットと歯の治療って、実は大きく関係しているんですよね。
健康な歯でいることは、消化の助けにもつながるんですよ^^

 

生の食材を食べる


 
外食の時もサラダを食べるようにしているよー。という方も多いと思いますが、
実はちょこっとサラダを食べたぐらいでは、
他に摂取する調理された料理との均衡がとれていないという事実…。
 
実は、調理された料理とのバランスを保つためには
一緒に食べる50%以上は生ものにすべきだといわれているんです。
 
でも、食事のほとんどを生食にするのはかなり大変。
そんな時、簡単に生野菜をたくさん摂れるのが
野菜ジュースを作って飲むという方法。
 
もちろん、市販の野菜ジュースでは加熱により
栄養価が削ぎ落とされてしまっているので
低速ジューサーで作りたてのジュースを飲むことが肝心です。
 
低速ジューサーと高速ジューサー・ミキサーの違いはこちらの記事をご覧ください
飲めばいいってものじゃない?手作りジュースの注意点

 

フルーツは食後じゃなくて食前に食べる!


 
生野菜サラダやフルーツなどは、食事の前に食べるようにします。
え?フルーツも?と思われた方もいると思いますが、
コース料理を頼むとメインディッシュの前にサラダが出てきますよね?
 
これにも意味があって、お肉など、消化しづらいものを食べる前に
生野菜を食べておくことは、消化を良くする効果があるんです。
 
それと同じで、酵素を豊富に含む果物は
食前に食べるとその後に食べたものの消化を良くし、胃腸の働きも助けます。
理想は、食前30分ほど前に果物を食べるのがいいですね。
 
もちろん、手作りジュースでもOKです。
食事前に生野菜ジュースやフルーツジュースを飲むと
酵素の無駄使いを防ぎ、消化が良くなるので
ダイエットに効果があるだけでなく、美容と健康にも大きな成果をもたらします。
 
 
補足ですが、バナナ・アボカドはカロリーが高いといって
あまり食べないように…と気をつけている方もいるかと思いますが、
生で摂取する果物のカロリーは、加熱調理された時のカロリーとは違い、
太りづらいんです!
 
また、食事の前にフルーツを食べること血糖値上がるので
食べ過ぎを防ぐということにもつながります。
 
酵素が飛び抜けて多いフルーツは
パパイヤ・パイナップル・いちご・キウイ・完熟バナナ。
お腹がすいた時におやつとして食べるのも良いですね。

 

サプリメントも効果的に使う

サプリメント
 
バランスの摂れた食事、そして適度に運動をすることは
キレイに痩せるための基本中の基本。
ただ、ストレスの多い現代人には
体内のビタミン・ミネラル・酵素は絶対的に不足していると言われています。
 
「サプリメントを中心とした食生活」は良くないけど、
「食事に補う」という意味ではサプリは頼れる存在です。
 
マルチビタミン&ミネラルのサプリや酵素サプリは体調を良くし、
健康で若くしい体づくりに大きく貢献してくれるので
適度に摂取すると美容とダイエットにも良い効果を発揮してくれます。
 
酵素サプリについてはこちらの記事をご覧ください
酵素で健康ダイエット!やっぱりサプリメントは飲んだ方がいいの?

 

【便秘解消ダイエット部門★レビュー】
腸感動!30年続いた便秘に即効いたあんたは神!
【骨盤矯正ダイエット部門★レビュー】
モデルちゃんデザインのめっちゃかわいい骨盤パンツ

コメントを残す