酵素を摂るのにおすすめの食材は?

熱に弱い酵素は48℃を超えると壊れはじめて、
その作用を失ってしまいます。
しかし加熱調理した食べ物からは酵素を取り入れることができません。
食べ物から酵素を摂りたいときには、
なにを食べるとよいのでしょうか。

 

果物から酵素を摂る
パパイヤ、パイナップル、イチゴ、キウイ、バナナなどに
多く含まれています。
たとえばバナナには炭水化物を分解するアミラーゼ
パパイヤにはたんぱく質や中性脂肪を分解に役立つパパイン
パイナップルにはたんぱく質を分解するブロメラインがあります。

果物は食後に食べがちですが、
ここはぜひ食前に食べるようにしてください。
食後に食べると果物の酵素が腸に届く前に
先に食べたご飯などが邪魔をしてしまいます。

 

野菜から酵素を摂る
レタス、キャベツ、ニンジン、セロリなど様々ですが
おすすめは大根おろし!

昔から大根での食物酵素摂取は計算されていて、
焼き魚に大根おろしが添えられているのも納得です。
とんかつもソースでいただくより大根おろしとポン酢で
さっぱりいただきたいところ。
大根はおろすと酵素量が3倍にもなるそうですが、
時間が経つと、その酵素は失われていってしまうので
おろしたてをいただくようにしましょう。

 

納豆・味噌・醤油などの発酵食品
麹菌が作るアミラーゼやリパーゼをはじめ、
たんぱく質を分解するプロアテーゼ、
脂肪を分解するリパーゼなど、多くの酵素があります。

有名な納豆の「ナットウキナーゼ」も酵素。
脳梗塞などの原因になる血栓を分解する作用があります。

 

穀物や豆
酵素を摂るのには生食が勧められていますが、
穀物や豆などの種子は例外とされています。
というのも、生の豆などには酵素の働きを抑える
「酵素抑制物質」というものがあって、食べると害になるからだそう。

一昔前に流行った「白いんげん豆ダイエット」で
十分に加熱されていない白いんげん豆を食べて
下痢や嘔吐が起こる人が続出したということもありました。

ただ、発芽させて「スプラウト」の状態にすると
発芽していく過程で、問題の酵素抑制物質がなくなるだけでなく
逆に酵素活性が高まるので、酵素栄養学上良いとされています。

【便秘解消ダイエット部門★レビュー】
腸感動!30年続いた便秘に即効いたあんたは神!
【骨盤矯正ダイエット部門★レビュー】
モデルちゃんデザインのめっちゃかわいい骨盤パンツ

コメントを残す