痩せる食べ物「大根」編~焼き魚に大根おろしを添える知恵

新鮮なお野菜でキレイに痩せる!

「痩せる食べ物紹介」シリーズ、今回は大根のお話です。

大根の栄養価

大根は、葉の部分は緑黄色野菜、
根の部分は淡色野菜という二つの顔を持つ野菜。

水分が多いこともあって低カロリーな食材です。

栄養面ではビタミン類やミネラル類が バランスよく含まれ、
ビタミンC、カルシウム、カリウム、マグネシウム、亜鉛、鉄分など
体の生理機能に欠か せない栄養が多く含まれています。

葉の部分にはビタミン類やミネラル類が多く、
根の部分にはプロテアーゼ、リパーゼなど の酵素類が含まれています。

また、捨ててしまいがちな皮の部分にも
ビタミンPや、セルロースやペクチンなどの食物繊維も豊富なので
こちらもきんぴらにして食べるなど、摂取したい部分ですね。

 

大根で痩せられる理由とは

大根は低カロリーで、ビタミンCが豊富な食材。

美肌効果があり、ダイエットにも向いています。

 

大根に含まれる食物繊維が腸内の 不要なものを体外に排出し
ジアスターゼが糖質の分解を助け、
酵素類のプロテアーゼがたんぱく質を、リパーゼが脂肪を分解し、
イソチオシ アネートが胃液の分泌を促進するので腸の働きを整えます。

また、ビタミンにPは毛細血管を強化する効能があります。

 

体内の不用物を分解、排出し、さらに腸をキレイにしてくれるんですね。

 

大根のおすすめ調理方法

ビタミンCやビタミンPは、大根の皮にも多く含まれているので
川を摂取するためにも有機栽培の大根を選ぶようにするといいですね。
また、大根は上のほうと下のほうで味が違うので、
葉に近い上のほうは大根おろしやサラダ
中央部分は煮物、下のほうは、お漬物などにするとおいしくいただけます。

下のほうの先っぽほど辛さが強いんですよね。
薬味にするならいいんだけど、
辛味が苦手な人は(ちなみに私は甘めの大根おろしが好きです^^;)
すりおろす場所に注意してくださいね。

 

それから、酵素を摂るためにはやはり生で食べる必要があるので
(酵素は加熱すると死んでしまうので)、

より「痩せる」ことを意識して食べるには大根おろしやサラダがおすすめです。

ただ、大根おろしは時間が経つとビタミンCが失われていくので
おろしたらすぐに食べるようにしましょう。

脂肪分の多い秋のサンマに大根おろしを添えるのも、
大根おろし中のアミラーゼがでんぷんの消化を促してくれるという
理にかなった組み合わせだったんですね!

 

 

【便秘解消ダイエット部門★レビュー】
腸感動!30年続いた便秘に即効いたあんたは神!
【骨盤矯正ダイエット部門★レビュー】
モデルちゃんデザインのめっちゃかわいい骨盤パンツ

コメントを残す