低酵素体質に要注意!太りやすい体質の原因はこんな生活習慣

暴飲暴食をしているわけでもない、
運動も適宜しているんだけど、
なんで痩せないんだろう…という方へ。
その原因は、消化が悪いのではなく
代謝酵素の働きが悪い体質になっているのかもしれません。

代謝酵素というのは体の中のエネルギーを使うという役割を担うもの。
新陳代謝の活発さに関係してくる、というと分かりやすいでしょうか。
代謝酵素の働きが弱まると、当然代謝が悪くなり、
脂肪も燃えにくく、「痩せにくい」体になってしまいます。
では、代謝酵素の働きが弱くなってしまう原因を考えながら、
ひとつずつ解決させていきましょう!

 

夕食は夜8時までにすませる

食べたものを消化吸収するという働きは、1日のうちで
排泄・摂取・同化(吸収して使用する)という
大きく3つのサイクルにより成り立っており、
時間帯によってこれらのこれらの働きに適した時間が決まっています。

 

排泄の時間
朝4時~正午12時
体が老廃物を排出しやすい時間です。
別の言い方をすると、「デトックスタイム」ですね。

 

摂取の時間
12時~夜8時
栄養を取り入れたり、運動をすることでエネルギーを使う時間帯。

 

同化の時間
夜8時~朝4時
食べることで取り入れた栄養を体内に吸収させ、
体の組織を作ったり、悪いところを治す時間帯です。

 

「夜遅くに食べると太る」とはよく言われますが、
夜8時以降の「同化の時間」には、体を健康に保つために
エネルギーを吸収しようとする働きが大きくなるからなんです。

ですので、エネルギーを消化できる時間内に
食事は済ませておく方が良いとされています。

 

食品添加物や化学調味料はできるだけ避ける

化学調味料や食品添加物を摂ると、代謝酵素をたくさん消費します。
体は、このような自然由来でない食べ物が入ってくると
体にとっての不要物だと判断するため
スムーズに消化吸収させることができず、消化器官の負担にもなります。

 

ヘルシーだと思って買っているお豆腐なんかにも
よく見ると食品添加物が入っていたりします。
安さだけではなく、安全性で食品を選ぶことは
健康を考えるだけでなく、ダイエットにとっても重要なことなんです。

 

そもそも、「ダイエット」というのは
「痩せる」という意味ではなく「健康のための食事」という意味の英語ですしね。

 

タバコは吸わない

添加物と同じく、タバコも体にとって有害な不要物。
タバコを吸う人は、吸わない人に比べて
老廃物の排出に時間がかかってしまいます。

 

また、タバコを吸う人のそばには
できるだけいないほうが良いですね。

 

今では病院でも禁煙治療が積極的に行われています。
時代の流れでもありますので、
タバコを吸われている方は無理しすぎずに、
少しずつ減らしていってはいかがでしょうか。

 

ストレスをためこまない

ストレスも代謝酵素を多く消耗する原因です。
現代人は慢性的な酵素不足といわれているのも、
日々の生活、仕事のストレスによるところが大きいようです。

 

好きな趣味に没頭してストレスを発散させたり、
運動を行うことも大切です。

 

また、ダイエットで無理な食事制限をすることもストレスのもと。
綺麗に痩せるためには、無理なく楽しく続けることが肝心です。

ストレスの多いダイエット生活を続けていては、
その先に待っているのはリバウンドですから…

そういうわけで、ストレスなく痩せられた酵素ダイエット
ここでも紹介しています。

 

 

こうして見ると、何気なく暮らしている中でも
けっこう酵素を使ってしまっていることがわかると思います。

原因さえわかれば、あとは解決に向けて実行するのみ!

といってもいきなり生活環境を変えるのは難しいですが、
意識的にフルーツや生野菜サラダ、酵素サプリといった
酵素の多い食品を取り入れるようにするだけでも
「痩せ体質」に近づくことは可能です^^

 

 

【便秘解消ダイエット部門★レビュー】
腸感動!30年続いた便秘に即効いたあんたは神!
【骨盤矯正ダイエット部門★レビュー】
モデルちゃんデザインのめっちゃかわいい骨盤パンツ

コメントを残す